スーパーUVカットガラスについて

あまり一般的ではありませんが、ディスチャージヘッドランプと言うシステムがアリオンに搭載されています。このシステムによってライトの光量関係が大分楽になるでしょう。

 
ディスチャージヘッドランプは、センサーによってアリオンのライトを自動的に変えてくれます。これにより、暗い時はしっかりと明るくすることができ、そして、そこまで暗くない場合などは、適量の光量にすることが出来るでしょう。この適量の光量にしていることで、先行している車のバックミラーによる強い反射をしないようにすることが出来るので、先行している人も迷惑にならなくてとても良いでしょう。

 
このようにディスチャージヘッドランプがあり、自動的にライトを調整してくれるのでとても便利ですね。それに、迷惑にならなくても良いのでとても良いシステムでしょう。実際にUVカットがあるとないとでは、乗車でまぶしさの対応に慣れてしまってから他の車に乗ると運転時に苦慮することがあります。快適な走行のためにも、光の関係には気を使えるようにしておく方が無難です。無駄な光をカットしている最新の技術は高く評価できるので、うまく活用できるようにしておくのが望ましいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。